イオン銀行カードローン審査に関するいろいろな質問

審査に関するいろいろな質問をまとめてみました。
疑問をすっきり解決して申し込みしましょう!


審査に必要な書類はなんですか?

本人確認書類が必要です。
また、ローンの商品によって他の書類が必要になることもあります。

(下記のうちいずれか1通。ただし、氏名、住所および生年月日の記載されており、有効期限内のもの)

・運転免許証
・パスポート
・各種健康保険証
・年金手帳
・住民票の写し(原本)
・印鑑登録証明書

これらの書類のうちどれかが必要になります。

外国籍の方なら、在留カードまたは特別永住者証明書・住民票の写し(原本)のいずれかが必要です。


審査が通らなかった場合、キャッシュカードは発行されますか?

イオン銀行のカードローン申し込みと同時に口座開設を行うことができます。

その際には、審査の結果にかかわらず普通預金口座が開設され、イオン銀行のキャッシュカードが発行されます。

口座を開設しておくと、後々便利ですので同時に申し込むのがおすすめです。


このように、イオン銀行の場合には口座開設とカードローンが別の申し込みになります。
しかし、口座を未開設の場合はカードローン申し込みと同時に口座が開設されます。
そのため、口座申し込みとカードローン申し込みを2度行う必要はありません。

口座をすでに開設して持っている場合には、すぐにカードローンの審査が始まりスピーディーです。

万が一カードローンの審査に通らなかった場合でも、また次のチャンスを待つことができるでしょう。
ですから、イオン銀行のような手数料が無料のネットバンクを持っておくのも便利ですよ。


審査が通らなかった場合、申し込み書類は返却されますか?

審査の結果にかかわらず、書類は返却されません。
これはどのカードローンでも同じだと思います。
書類の返送などのコストを削減しているためだと思われます。

ですから、書類を手元に残したい場合や、後からチェックしたいときなどはコピーを取っておくとよいでしょう。

もっと簡単でおすすめなのは、書類をスマホなどで写真を撮っておくことです。

写真を撮っておくと、万が一書類に不備がある場合にどこが悪かったのかを確認することができます。
ハンコを押し忘れていた・・署名が抜けていた・・必須事項を書き忘れていた・・
そのような自分のミスも写真を見返すことで気づくことができます。


また、書類の写真があれば、書類をもう一度作成するときにも助かります。
書類を書き直す場合にも、内容を揃えることができるためです。

1度目に作成した書類と、2度目に作成した書類の内容が違うのはおかしいですよね。
そのような時に写真をチェックすることで書類の整合性を取ることが簡単になります。


このように書類を複製しておくと後々便利です。

コピーをとっておくこともできますが、写真を撮っておくと簡単ですよ。