イオン銀行カードローンの歴史とこれから

イオン銀行カードローンの歴史

キャッシングでお金を借りるには、なるべく歴史のある信頼性の高い企業で借りたいと思いますよね。
イオン銀行は長い歴史を持っていますから、その歴史についてチェックしておきましょう。


イオン銀行とは

イオン銀行は他の銀行とは違い、いわゆるスーパーなどの小売業が始めた銀行です。
そんな小売業が始めた銀行の中でも、初期から営業している銀行でもあります。

よくイオン銀行と比較されるのがセブン銀行です。
セブン銀行もいわゆる小売業が運営している銀行であり、イオン銀行とよく似ているということができます。

しかし、イオン銀行はイオン系列の小売店を有効に活用して店舗を展開しています。
大型店舗としてオープンしているスーパーなど、目につきやすいところでATMを展開しているのが特徴です。

一方セブン銀行はコンビニなどを中心としてATMを展開しています。その点がイオン銀行との違いであるともいえるでしょう。


イオン銀行の営業開始

金融事情が変わってきたとも言われる2005年、イオンは銀行業務を開始することを決定しました。

当初は既存の銀行と提携して銀行業務を開始することを検討していましたが、
そうすることはせず独自に銀行を立ち上げることになりました。

まずは銀行の準備段階としての会社を設立することになります。
その資本はすべてイオンが投資しました。
しかし、会社と資本だけがあっても不十分です。

そこで、銀行経営のノウハウをもつ経営陣を招聘することになりました。
イオンが当時取引銀行としていたみずほ銀行から経営陣の協力を得て、新たに始まった銀行・・
その新銀行がイオン銀行なのです。


歴史のある銀行

このように、イオン銀行は長い歴史のある銀行であるといえます。

銀行の準備段階である銀行準備会社のころから数えると、さらに長い歴史をもっています。
お金を借りるにはある程度長い歴史がある銀行がおすすめです。

資金的な基盤がしっかりしているので、安定感のある銀行とも言えるでしょう。
長い期間営業しているので、銀行やカードローンなどのノウハウもあるので安心です。


また、イオン銀行は長い歴史の中で提携ATMも増えてきておりますます便利になっています。

それとともにネット関係のサービスが充実しており、だれにでもおすすめできる銀行でもあります。


これからの歴史

イオン銀行のカードローンはこれからも歴史が続いていきます。

利用者の声を反映しながら、ますます使い勝手も良くなっていくことでしょう。
メインターゲットである主婦の方にも、より気軽に借りることができるカードローンになっていくことでしょう。

これからのイオン銀行の歴史に注目です!